酒談話

薫酒(くんしゅ)  爽酒(そうしゅ)  醇酒(じゅんしゅ)  熟酒(じゅくしゅ)

 よしみ亭は日本酒を上の4つのタイプに分類しご案内しています。日本酒といえば、「辛口・甘口」、「淡麗・濃醇」といった区別が一般的です。近年、日本酒業界では、香りや味わいなどの要素から、4つのタイプに分類する方法が考案されています。さらに4つのタイプに適した「飲みごろの温度」「飲みやすい器」「相性の良い料理」などの研究も行われています。
(参考文献:日本酒サービス研究会HP資料)

薫酒(くんしゅ)・・・香りの高いタイプ
主に精米度合いの高い、大吟醸酒や純米吟醸酒など

  • 果実や花のような華やかな香りが高く、軽快で爽やかな味わいが特徴です。甘い風味を感じさせるものから辛口のものまで、様々なタイプが存在します。
  • 適した飲用温度:10℃前後(8〜15℃)
    清涼感のある香味が特徴的で、冷やすことによって爽快さが映えます。香りが控えめで旨味成分が割としっかりしたタイプなら、ぬる燗も可能です。
  • 食前酒にも適しています。淡白な素材を活かした調理法で、爽やかな風味付けをされたものが好相性。よしみ亭のさっぱりした惣菜にもぴったりです。

爽酒(そうしゅ)・・・軽快なタイプ
主に生酒、本醸造酒、低精白米の純米酒など

  • 香りは全体的に控えめですが、新鮮で清涼感のある含み香を持ち、なめらかでみずみずしい味わいが特徴です。
  • 適した飲用温度:5〜10℃等(または40〜55℃)
    爽快な酒質と爽涼な飲み口、フレッシュな味わいが特徴的なこのタイプはしっかりと冷やすことで特性が活きます。味わいの成分中に刺激的な要素が少ないため、冷やしすぎてもこれらの要素が突出することがありません。中には燗にすることで全く違う味わいを醸し出すケースも少なくありません。
  • どんな料理にも良く合うマルチプレイヤー。わりと軽いタイプの料理がベターですが、コッテリした料理にスッキリとした日本酒を合わせたい、なんてニーズにも十分応えてくれます。

醇酒(じゅんしゅ)・・・コクのあるタイプ
主に純米酒や生酛系、山廃系の純米酒など

  • 原料の米そのものを想わせるようなふくよかな香りと、充実した旨味を感じさせるコクのある味わいが特徴です。よしみ亭で一番多く取り揃えているタイプです。中でも店主は山廃系純米酒が大好きなので、ついつい燗をお勧めしてしまいます。
  • 適した飲用温度:15〜18℃、または40〜55℃
    飲用温度帯が最も広く、品温の違いによってさまざまな変化を見せるタイプです。コクと旨味成分をしっかり持っているので、この要素を活かすのがポイント。旨味のふくらみが映えるやや高めの温度設定が好ましいです。
  • しっかりとした味付けの料理や酒の肴系の料理がオススメ。また、バターやクリームを使った洋風料理ともなかなかの好相性です。

熟酒(じゅくしゅ)・・・熟成タイプ
主に古酒(3年以上の熟成タイプ)や秘蔵酒など

  • ドライフルーツやスパイスなどの複雑性のある練れた熟成香を持ち、とろりとした甘味や深い酸味、ボリューム感のある旨味が合わさった力強い味わいが特徴です。
  • 適した飲用温度:15〜25℃、または35℃前後(またはオンザロックで)
    軽快なものから重厚なものまで様々であり、温度設定はそれぞれ異なりますが、重厚な旨味成分を持つものほど高めの温度設定と考えればよいでしょう。大きく嗜好が分かれる傾向が見られるので、温度設定は好まれる方には高め、そうでない方はやや低めとし、強い香りと旨味を抑えるとより飲みやすくなります。明石の太陽酒造の15年古酒を常時提供しています。
  • 「凝縮感」と「熟成感」。ハチミツやドライフルーツなどで濃い甘味を付けたもの、フォワグラなどの脂の多いものと好相性。他のタイプでは考えられないような組合せが楽しめます。
日本酒

日本酒